MR.FRIENDLY 田んぼアート☆

| トラックバック(0)

~今日は特別編です。

 

5/16(土)にEARTH FRIENDLY PROJECT として

行われました「MR.FRIENDLY 田んぼアート」に挑戦!!

の模様をご報告いたします。

 

田んぼというキャンバスに、MR.FRIENDLYアートを描こう!

という壮大な夢のようなプロジェクトに今回、参加させていただきました。

 

当日はあいにくの天気。曇り空。肌寒さも感じる今日の天気予報では

いつ雨が降ってもおかしくないとのこと。雨が降らないことを願うばかり・・・。

 

代官山を貸切バスで朝9:00に出発。行先は千葉県山武郡の横芝光町。

バスは思いのほか、スムーズに進み予定よりも早く11:00すぎに現地に到着。

ここに、今回お世話になります、「NPO法人TINA いなか日記事業部」があります。

「コテージ&ペンションNANじゃMONじゃ」に着きました。(下の写真)

 芝生がとても気持ちいいでーす。

 

 

 ここで着替えをすませ、12:00より

まずは、古来風の餅つきを体験。

古来風というのは、杵と臼を使うのはもちろん、モチ米にもこだわり

お赤飯のルーツでもある赤糯米を使ったぜーたくな餅つきです。

 

 

出来上がったお餅は、もっちもちでほっかほか!

それをきなこ・からみ・雑煮で食べるんです。

私はからみ、ざっくり切ったねぎに大根おろしをからめて食べた

お餅が、すんごくおいしかったっ!ほんとに、つきたてのお餅ってこんなに

おいしいんですね。パクパク食べてしまいました!

→これがそのお餅。

今日はFRIENDLYグループの他に、4グループが参加。

ちびっ子たちのグループもワイワイ、にぎやかに楽しんでいました。

 

さて、腹ごしらえをして、いよいよ田植えへ。

なにを隠そう、田植えは初めての体験。ほとんどの人が初めてだったようです。

準備万全。いざ、田んぼの中へ。

ずぼっ!うっ。意外と深い・・・。そして足がとられて抜けないっ。

ちょっと、あまく見てました。   でも、なんとか、頑張って先に進む。

 

担当していただいた人見さんの説明を聞く。

みんな横一列に並んで、手を広げて隣の人との間隔をとり、自分の位置を決める。

苗を3~4本根っこごと剥がして取り、それを目の前の泥の中、3cmくらいの

深さに植えていく。約30cm間隔で。

MR.FRIENDLYの形の内側と、外側と、違う種類の苗を植えることで

アートを表現するとのこと。

 

最初は慣れない動きで、ぎこちなく、変な所に力を入れてしまったり・・・。

ただ、作業もやっているうちに、だんだん楽しくなっていく。

あんなに広かった田んぼもみんなで力を合わせ、苗がどんどん埋まっていく。

↓やっと、全部、植え終わりました。

バラバラと、あまり見栄えが良くないけど。

ちゃんと、お米になるといいなぁ。この一つの苗が茶碗1杯分になると聞いて、

とても感慨深い思いになりました。

やっぱり、たいへんです。ごはんをつくるのって。

 

でも、とても良い体験をさせていただきました。

この田植えの後に食べたおにぎりがとてもおいしかった~。

労働した後だから、ということもあるけど、ご飯一粒一粒を大切に味わいました。

 

田植えの後には、MR.FRIENDLYのエアバルーンも登場!!

 

とても、楽しい一日でした。

言うまでもなく、帰りのバスの中はみんな熟睡でした・・・。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mrfriendly.jp/mt4-cgi/mt-tb.cgi/2389

アーカイブ