映画「未来の食卓」

| トラックバック(0)

朝晩はめっきり秋の気配を感じる気候になってきましたね。

こどもたちはもうすぐ夏休みも終わりなのかな・・・。

 

今年は去年の「暑~い」夏とはちょっと変わり、

当初は冷夏になるかも、なんて言われてました。

台風の接近や日照不足が問題になり、野菜やお米など農産物が

思うようにつくれず、ご苦労をされている農家の方が

多いというニュースをよく目にしました。

私たちの食生活にも直接影響を受けることなので

とても心配です。

 

話は変わりますが先日、「未来の食卓」という映画を観に行きました。

オーガニックから環境問題を考えるというフランスのドキュメンタリー映画です。

簡単に内容をご紹介すると、

 

  美しい自然に囲まれた南フランス、バルジャック村。ショーレ村長は子供たちの

  未来を守るため「学校給食と高齢者の宅配給食をオーガニックにする」という

  前例のない試みに挑戦しました。大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、

  村の財政でまかなえるのか」と戸惑っていましたが、オーガニック給食や学校菜園での

  野菜作りを通して自然の味を覚えた子供たちに巻き込まれ、小さな村は少しずつ

  変化していきます。でも、すべての子どもが野菜好きになるには、時間がかかります。

  フライドポテトが大好きな低学年の男の子は、まだ抵抗しています。

 

  そんなこの村の奮闘を1年間、追い続けた実際のお話。

  ヨーロッパでは、生活習慣病の70%は食習慣を含む、環境に原因があるといわれています。

  地球の温暖化、環境破壊にも農業のあり方と食生活が密接に関係しています。

  この映画は有機栽培農家と一般農家との対話や、家族を病気で失った主婦の体験を

  通して、私たちでもできる新しい生活を見せてくれます。

                      

  

 これはフランスだけの問題ではなく、当然日本にも同じことがいえます。

一般農家の方が、本当は使いたくなのだけど、自分の身体を犠牲にしても

農薬を使わざるを得ないという言葉、映像はとても考えさせられるものがありました。

自分の家族の生活のため、経済的な理由のため、ということが大きいようですが、

これは、一農家の問題ではなく、財政支援など市町村や国の考え方、取り組み方が

大きいのだと感じました。誰だって、身体にいいものを食べたいし、こどもにも

食べさせてあげたい、っ思いますよね。

 

久し振りのブログ投稿だったので、今日はちょっと話が長くなっちゃいました。

この映画の公式サイトにリンクしている「東京オーガニックMAP」に

MR.FRIENDLY Cafeも紹介されています。ぜひ、ごらんくださいね。

 

 

もう朝顔が咲くのも終わりの季節ですね・・・。

では、また次回。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mrfriendly.jp/mt4-cgi/mt-tb.cgi/2409

アーカイブ