ソーラーランタンプロジェクト写真展

| トラックバック(0)

11/24よりソーラーランタンプロジェクトの

現地報告を兼ねた写真展示を開始しました。

店内の雰囲気もご覧のようにガラっと変わりました。

 

近づいてみるとこんな感じです。↓

    

インドの農村の子供たちの楽しそうな笑顔!

ソーラーランタンの灯りがやさしい光を放っています。

MR.FRIENDLY Cafeでは6月から、店頭で

ミニ絵本「ちきゅうのなかま」を販売することで、このプロジェクトへの

寄付金を募ってきました。これまで多くの方々に募金をしていただき

本当にうれしく思います。

協力していただいた方々には、自分が寄付したことで、

地球上の助けを求めている地域の人々の、この写真のような笑顔が

生み出されていることを実感してほしい、と感じます。

 

今回の「ソーラーランタンプロジェクトWEEKS」を通して

さらに多くの方々にこのプロジェクトのことを知っていただき、

多くの地域に灯りをともし世界中を笑顔でいっぱいにすることに

協力をしていただけるよう、切に願っております。

 

***************************************************************************

11/27(金)は夕方より貸切にさせていただき、

NPO法人ガイア・イニシアティブのユースの皆さんによる

ソーラーランタンプロジェクトの現状報告会が開催されました。

「GAIAユース ~僕らがインドで見たもの、得たもの、感じたこと~」と題して。

当日は、学生・社会人の方含め、約40名の方々が参加されました。

 

ガイアの大学生の皆さんが夏休みを利用して、

実際にインドを訪れ実地体験。このソーラーランタンがどのように

使われているのか、ホントに現地の人は喜んでいるのだろうか、

役に立っているのか、ひょっとしてこんなことしておせっかいなんじゃないか、・・・

いろいろな疑問や確認したいことがいっぱい。そんな想いを胸に、旅立ったそうです。

 

村人全員にランタンが行き渡らない、とかレンタルのシステムをもう少し改善すべきとか、

曇りが多いときには充電がままならない、など問題点は大小あったということですが、

今までチムニやガスランタン(すぐ消える、身体によくない)を使って

明かりを灯していたことを 考えると、

このソーラーシステムによるランタンは村人の生活にとっては大きなメリットだという。

 

      

ユースの方々が撮って来られた写真を見るだけで、現地の方々の喜びようは

伝わってきます。アルバムを1冊お借りしたので、興味のある方はスタッフまで、

声をかけてくださいね。喜んでこのアルバムお見せしますので・・・。

 

    

とても大学生とは思えない志をもった、ユースの皆様方、ならびに関係者の方々。

当日はお世話になりまして 誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mrfriendly.jp/mt4-cgi/mt-tb.cgi/2433

アーカイブ