がんばろう、日本。

| トラックバック(0)

 

 この度の大規模地震により被害を受けられた皆さま方に

謹んで見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

地震が発生してから10日余りが過ぎました。

テレビの映像から流れてくる、とても考えられないような被害の状況を

見るたび、胸が締め付けられる思いです。 気がつくと悲しくて涙があふれている。

同じ人間として、こんなこと絶対にあってはならないという思いを

自然の脅威に対してぶつけたくなる。

 

正直、このブログでどんなことを書けばいいんだろう、と真剣に悩んでしまいました。

この地震のことには触れずに別の話を書こうか、などと。

あまりにもことが巨大すぎて、怖くなる。

 

MR.FRIENDLY Cafe で発行しているポイントカードのご利用の

お客様のリストを見返していたら、

今回、被害を受けられた地域の住所も多くいらっしゃいました。

つい、最近まで普通に生活をしていたのに、普通にフレンドリーカフェを

利用していたのに。

 

でも、今はもっともっと前を向いて、できることを考えたい。

みんなでこの困難な状況を乗り切りたい、 と強く思う。 

 

今、わたしたちに、すぐにできること。

まず第一に、被災地域への寄付。

さまざまな方々が今、懸命に 募金を呼び掛けています。

↑ご覧のように当店でもレジカウンターに募金箱を設置。

 頂いた募金はセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて

 この地震で被災された子どもたちへの物資提供や

 心のケアに活用させていただきます。

 

 

そして、もうひとつ、すぐにできること。 節電。

この地震により、東京電力及び東北電力管内の

電力の供給が大幅に落ち込んでいる現状をしのぐには

一人ひとりが無駄な電力を使わないこと。

 

当店も今、節電のために店内の照明を一部落したり、

営業時間を短縮するなど対応しており、ご利用のお客様には

たいへんご不便をおかけしておりますが、

今はみんながこの日本の復旧のため、普通の生活を取り戻すため

一緒に頑張っていきましょう、とお願いするしかありません。

 

一日も早く、皆さんに笑顔が戻るよう祈るばかりです。

 

人が人を思いやる気持ち。助け合いたい。困っている人に手を差しのべたい。

なんとかしたい、と一人ひとりが強く願っていたこと。

 

この震災を通して、そんな場面を何度となく目にしてきた。

今までとは違った意味での涙があふれてきた。

 

やっぱり人間ってすごい。だから日本の復興だって絶対信じられる。

来月14日は「フレンドリーデー」。

今こそ、人と人とのつながり、そして、 自然とのかかわり方。

これを真剣に考えていきたいと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mrfriendly.jp/mt4-cgi/mt-tb.cgi/2552

アーカイブ