冬の節電かるた

| トラックバック(0)

でかけする時はカーテンを閉めて、

室内を保温しよう!

・・・MR.FRIENDLYの貴重な後ろ姿がかわいいこのイラスト、

    私のお気に入りの一枚です。

 

只今、ソーラーランタンプロジェクトWEEKS 開催中ですが、

その期間中、カフェの壁面を利用して

 

「冬の節電かるた 

~MR.FRIENDLYと節電しながらあたたかく過ごす方法を考えよう~ 」

 

と題してパネル展示をしています。

 

 

 

 お子様が見てもわかりやすく、一緒になって考えられるような

かるた風のメッセージ。

 

今年は、夏に電力不足が懸念され、それをみんなの努力で乗り切り、

そしてこれから冬を迎えるにあたって、夏とは違った形での節電が

必要になってきます。

 

今までは何となく理解していたけれど、

福島原発の事故があって初めて、「電気」が限りある資源であるという、

事の重大さを突き付けられ、これからは節電に真剣に向き合って

いかなければならない、ということを考えさせられている方、

多いのではないでしょうか。

 

東京電力・東北電力管内だけでなく、日本全国、そして

原子力発電所を有する世界各国へも、

「これからの電気の使い方をどうすべきか」

という問題が様々な形で議論されています。

 

 そんな中、電気のない生活をしている人たちはどうしているのだろう。

実際にインドの農村部で使用しているソーラーランタンをお借りし、

夕方からこの灯りによる減灯営業を実施しています。

また、合わせてそのインドでの生活風景の写真パネルも展示しています。

 

電気の使い方は地域によって、また人によってさまざま。

ちきゅうに住むみんなが、この「電気」という視点を通して

環境の問題のことを考えるきっかけになれば・・・。

このソーラーランタンの灯りに触れながら、世界とのつながりを

感じていただけると、うれしいです。

 

毎日、当店が入っているビルの屋上にソーラーランタンを持って行って、

充電を行なっているのですが、日本は、特にこの季節は、

曇り空が多く、日照時間が短いので、充電が不十分で、

すぐに消えてしまうこともあり、正直つらいです・・・。

ただ、そうやってひとつの灯りをともす、ということの苦労、たいへんさを

少しでも体感できていることが、私にとってもこのイベントは

有意義なのかな、と感じています。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mrfriendly.jp/mt4-cgi/mt-tb.cgi/2617

アーカイブ