MR.FRIENDLY代官山米①田植え編

| コメント(0) | トラックバック(0)
田植えの日。
帰りがけに苗床がありました。
そう、私達の田んぼで植えた苗の余りです。
ツンツンといじっていると、TINAいなか日記の秋葉さんが、

「どうぞ、持って帰っていいですよ」

というお言葉に甘え、苗床1つみんなでお持ち帰りしました。

だけど、苗床持ち帰ったけど、どうすればいいの??
植えなきゃダメなのは分かっているけど、田んぼがあるわけでもない...。
確かに田んぼアートで田植えや手入れや稲刈りもやりましたが...、


Σ(゜д゜‖)育て方なんてワカラナイ...。


そう、ワタシたちは素人です。
こうして素人の素人による「MR.FRIENDLY代官山米」がスタートしました!

このカテゴリーでは、MR.FRIENDLY代官山米の成長の記録を掲載します!

...果たして無事にお米が収穫出来るのか??

-------------------------------------------

「素人の素人によるMR.FRIENDLY代官山米育成計画」(もちろん無農薬栽培!)

代官山米1.jpg


持ち帰った稲をとりあえず、お水に浸けて、

さて、何から準備すればいいのやら...。

とりあえず、インターネットで調べてみる。

ふんふん、多くの方がいろいろベランダなどで稲を育てたりしていらっしゃる...。

以下、調べたメモ

箱...バケツ、発泡スチロールが多い。
    →私達のは量も多いから発泡スチロールに決定。

土...田んぼの土貰ってくるのが本当は良い。そりゃそうだ。
    貰えないなら、黒土、荒木田土(保水性がある)、赤玉、など...
    あと腐葉土ちょっと混ぜる。
    →いろんなやり方があって、これが一番悩んだところ。
    とりあえず、黒土を購入。腐葉土も。肥料で良いもの見つけたので、そちらに期待。

肥料...有機系の肥料探し。
    → モミ殻を低温で焼いて炭化したものを発見。土壌中の微生物相を豊にしてくれる
    優れものだそうだ。これを土に混ぜることに決定。
    あとは、普通の肥料。ココはTINAいなか日記の秋葉さんに聞いたら、
    普通の野菜なんか育てる有機肥料で大丈夫ですよ〜とのことだったので、
    それを購入。

そしてお届けを待って、早速、土壌作り。

発泡スチロールに土を入れ、モミ殻の炭化したやつと腐葉土ちょっとを混ぜます。
お水をちゅーっと入れたら、土に吸い込む×2。
ある程度、お水に浸ったら、田植えをします。

それを繰り返す事、10箱分...。



完成

0517_2_300.jpg

0517_300.jpg

苗を頂いてからここまで、少し時間がかかってしまったので、葉先が茶色くなってしまいました。
あぁ〜ごめんね、今日からは栄養たくさん吸ってね、と気持ちを込めて、
少し肥料もパラパラ撒く。

果たして、苗は育つのでしょうか?

つづく...

※素人なんで、間違ったやり方しているかもしれません。
 ご指摘やアドバイスはコメント欄にお願いします!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.mrfriendly.jp/mt4-cgi/mt-tb.cgi/2215

コメントする

アーカイブ