MR.FRIENDLY代官山米: 2010年6月アーカイブ

MR.FRIENDLY代官山米④中干し

| コメント(0) | トラックバック(0)
「素人の素人によるMR.FRIENDLY代官山米育成計画」(もちろん無農薬栽培!)
代官山米1.jpg


もうすぐ横芝光町のMR.FRIENDLY田んぼアートの稲たちにも
会いに行きますが、代官山米もぐ~いぐいっと成長中。

0621_1.jpg

もう葉の長さも50cmくらいになりました。
風に棚引いて、写真が上手く取れません。

0621_2.jpg

発泡スチロールの箱から葉が溢れている状態です。
しかも底の土も見えなくなってしまうほど、密集状態。


そして、インターネットで調べた「育て方」のどこでも書いてあった、
「中干し」というイベントを迎えます。
田植えから60日~90日くらい、稲が50cmくらいになったらやるそうな。
今、まさに代官山米もここに該当します。


中干しは、お水をやらずに土の表面がひび割れ起こすくらい、
(天候にもよりますが、4日~7日くらい)ほおっておくそうです。
これは、土に酸素を行き渡らせるためと、稲の根がお水を求めて成長し、
より強い根となるそうです。


そんなわけで、代官山米もほおっておく...。







...デモ、世間ハ梅雨デスガ、何カ?(笑)


そしてこんな風に土が乾きます。

0621_3.jpg

って、もう葉で底が見えない程なんで、分かりづらいですね。(^_^;


こうなったら、またお水を入れて、また中干しをします。
これを2~3回やるそうです。


狭い発泡スチロールの中で、しっかり根を張って、
立派な代官山米になってほしいものデス!

「素人の素人によるMR.FRIENDLY代官山米育成計画」(もちろん無農薬栽培!)
代官山米1.jpg

現地の田んぼも青々と成長している今日この頃。
代官山米も、ぐんぐん成長中。

もう、30cmくらいでしょうか?


0615.jpg

元気に育っていますが、最近お悩みが...。


そう、あれはいつものように晴れた日にお水をあげようと、
代官山米を訪れた時に、何か水面が緑色っぽくない??

0615_2.jpg


すくってみると、コレ。


0615_3.jpg

何だ?何だ?病気か?
ドキドキしながら、またまたインターネットで調べてみると、
アオミドロだという。



(゜Д゜)?アオミドロ?



...小学生の時に顕微鏡で覗いたような気がします。

日光+肥料が原因で発生するらしい。
雨が降ると、多少沈殿する。

病気とか、悪いものではないのですが、
水面覆い尽くした状態でほっとくと、
さすがに稲が枯れるらしい。

撃退する農薬もあるらしいのですが、
無農薬な代官山米には使えません...。

仕方ないので、手作業ですくいます。
そして新しいお水を注入。
ふぅー終わったー。


でも、晴れた次の日には、



Σ(゜Д゜;;)また緑色デスヨっ。



そう、アオミドロくん達は1日で仲間をワンサカ増やします。

また手作業ですくいます。
そして新しいお水を注入。
ふぅーいつまで続くんだろう...。


...そうです、晴れた日は毎日続きます。(笑)


でも逆の発想すれば、アオミドロくんが住みつくくらい、
環境は良いってことでいいんですよね?
稲にも良いってことでいいんですよね?
と言い聞かせ、青空の日はアオミドロくん達と戦う日々です。



※素人なんで、間違ったやり方しているかもしれません。
 ご指摘やアドバイスはコメント欄にお願いします!!

「素人の素人によるMR.FRIENDLY代官山米育成計画」(もちろん無農薬栽培!)

代官山米1.jpg



代官山米を植えて、数日後。
2日間連続のわりとしっかりした雨が降る。

"雨降っているから、お水はあげなくていいや"

と思って、2日目の昼に様子を見に行ったら...。



Σ(゜д゜‖) 苗、水没しとるやんけっっ。



そう、発泡スチロールの箱なんで、水が逃げるところがなく、
そのまま雨水が溜まってしまい、発泡スチロール上ギリギリまで水面になって、
苗はまるで水草のように水中にゆらゆらと...。



Σ(゜д゜‖) どーしよー、水出さなくちゃっ。



慌ててドライバー持ってきて、発泡スチロールの側面に穴をあけ、
雨水が逃げれる様にする。
数カ所の穴と最終的には、土から2cm上くらいの所に穴をあけ、
これで水位の調節を出来るようにする。


よくドラマなんかで、嵐の日に田んぼの稲を守ったりするような、
大変そうなシーンを見たことがあるけど、
たかが雨の中で少し濡れただけの作業で似たような気分になる。(笑)
でも、そう思うと天候で様々な対応しなきゃならないなんて、
本当に農家の方は大変なんだな。


その雨事件から後は、ガラっと天気も変わって、ほぼ毎日晴天続き。
気温も上がり、お日様もさんさん。
2週間後くらいにもう1度有機肥料をパラパラ撒いて、後は水位を気にして、
早1ヶ月。

0607_1.jpg

こうなりました!
成長してます!(>_<) 確かに成長しています。(笑)
葉先が茶色かったことなんか微塵も感じさせずに、すくすくと。

0607_2.jpg

葉の数も増えて、生い茂っています。
なんか発泡スチロールが狭く感じてきました。


ちなみに...
0607_3.jpg

MR.FRIENDLY米のマークもちゃんと入っているんですヨ。

果たして、代官山米は収穫出来るのか?

つづく...

※素人なんで、間違ったやり方しているかもしれません。
 ご指摘やアドバイスはコメント欄にお願いします!!

MR.FRIENDLY代官山米①田植え編

| コメント(0) | トラックバック(0)
田植えの日。
帰りがけに苗床がありました。
そう、私達の田んぼで植えた苗の余りです。
ツンツンといじっていると、TINAいなか日記の秋葉さんが、

「どうぞ、持って帰っていいですよ」

というお言葉に甘え、苗床1つみんなでお持ち帰りしました。

だけど、苗床持ち帰ったけど、どうすればいいの??
植えなきゃダメなのは分かっているけど、田んぼがあるわけでもない...。
確かに田んぼアートで田植えや手入れや稲刈りもやりましたが...、


Σ(゜д゜‖)育て方なんてワカラナイ...。


そう、ワタシたちは素人です。
こうして素人の素人による「MR.FRIENDLY代官山米」がスタートしました!

このカテゴリーでは、MR.FRIENDLY代官山米の成長の記録を掲載します!

...果たして無事にお米が収穫出来るのか??

-------------------------------------------

「素人の素人によるMR.FRIENDLY代官山米育成計画」(もちろん無農薬栽培!)

代官山米1.jpg


持ち帰った稲をとりあえず、お水に浸けて、

さて、何から準備すればいいのやら...。

とりあえず、インターネットで調べてみる。

ふんふん、多くの方がいろいろベランダなどで稲を育てたりしていらっしゃる...。

以下、調べたメモ

箱...バケツ、発泡スチロールが多い。
    →私達のは量も多いから発泡スチロールに決定。

土...田んぼの土貰ってくるのが本当は良い。そりゃそうだ。
    貰えないなら、黒土、荒木田土(保水性がある)、赤玉、など...
    あと腐葉土ちょっと混ぜる。
    →いろんなやり方があって、これが一番悩んだところ。
    とりあえず、黒土を購入。腐葉土も。肥料で良いもの見つけたので、そちらに期待。

肥料...有機系の肥料探し。
    → モミ殻を低温で焼いて炭化したものを発見。土壌中の微生物相を豊にしてくれる
    優れものだそうだ。これを土に混ぜることに決定。
    あとは、普通の肥料。ココはTINAいなか日記の秋葉さんに聞いたら、
    普通の野菜なんか育てる有機肥料で大丈夫ですよ〜とのことだったので、
    それを購入。

そしてお届けを待って、早速、土壌作り。

発泡スチロールに土を入れ、モミ殻の炭化したやつと腐葉土ちょっとを混ぜます。
お水をちゅーっと入れたら、土に吸い込む×2。
ある程度、お水に浸ったら、田植えをします。

それを繰り返す事、10箱分...。



完成

0517_2_300.jpg

0517_300.jpg

苗を頂いてからここまで、少し時間がかかってしまったので、葉先が茶色くなってしまいました。
あぁ〜ごめんね、今日からは栄養たくさん吸ってね、と気持ちを込めて、
少し肥料もパラパラ撒く。

果たして、苗は育つのでしょうか?

つづく...

※素人なんで、間違ったやり方しているかもしれません。
 ご指摘やアドバイスはコメント欄にお願いします!!

MR.FRIENDLY代官山米: 月別アーカイブ

アーカイブ